KTの視点から社会・地域で役立つ情報を発信。キーワードは「協同」


by ktkd-of
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
f0089400_17252726.jpg

f0089400_17254996.jpg


10月の初めには枯れてきたゴーヤを片づけようと思っていたが、花が次々と咲いていた。
結局11月に入った今日もゴーヤのかわいい黄色い花はいくつも咲いている。
花が咲くと蜂や蝶がやってきて、実になっていく。
今日も小さな小さな実を3つ発見。

食べられそうな実は4つ発見。
3センチくらいから10センチくらいの実。
これから塩揉みしてごま油であえてみよう。
今年最後の味になるか?
[PR]
# by ktkd-of | 2009-11-01 17:31 | 日々是@感動

ゴーヤ初収穫

f0089400_1245856.jpg

7月12日アップしてからゴーヤの数も増え、大きくなってきた。
しかし!!
初めてできた12日のゴーヤは、その後葉に覆われてしまい、日当たりが悪くなってしまった。

グリーンカーテンは成功したが、日当たりの悪かった初ゴーヤは色は今日になって、下部が黄色になってしまったので、こぶし大の実を無理矢理収穫し、切ってみた。
なんと全てがこんな真っ赤な種。
f0089400_1261667.jpg


薄切りにして、さっと塩ゆでして、めんつゆにつけて鰹節をふってみた。
一番簡単な食べ方。
味はゴーヤだ。
ほっとした。
[PR]
# by ktkd-of | 2009-08-03 01:32 | 日々是@感動

初ゴーヤの実

f0089400_1963245.jpg


もらった5粒のゴーヤが育ち、やっと小さな実をつけた。
これまで黄色い花がたくさん咲いたが、どうも「無駄花」だったようだ。

追肥をしてから1週間、実ができた。
こんなふうに実と花がつくのかと、あらためて感心した。

ベランダのゴーヤ全体はこんなふう。
緑のカーテンにはほど遠いけれど、育てる楽しみは大きい。
f0089400_19114468.jpg

[PR]
# by ktkd-of | 2009-07-12 19:11 | 日々是@感動
 5・3憲法集会の「生かそう憲法 輝け9条」というメッセージが心に響いた年はない。
 昨年は腰痛で自宅にいたが、今年は出ようと決めていたものの、前日のニュースで「与党が憲法審査会に応じない野党を強く批判」と見たので、これはうかうかしていられない!と当日は勢い込んで出かけた。
 また、紙切れ(一言だけの場合もあるらしい)一枚で派遣切りされ、雇用がなくなれば住まいもなくなる。こんな憲法を無視した状況が日本を席巻している。
 人間らしく生きたい!
 それは平和にもつながること。

 憲法集会のスピーチは落合恵子さんとノーベル賞受賞者益川センセイ。
 落合さんの「怒髪」に共感し、オーストラリアの「母」の歌(落合さん訳詞)に涙が浮かんだ。
 益川センセイはユーモアまじりだったが、精神形成を受けた60年代を振り返り、その時と比べると世界は着実に進歩している。200年後に戦争はなくなっていると本気で思っているという言葉は、真に迫るものがあった。

 銀座パレードでは、「九条の会・建築とまちづくりネットワーク」で作ったタペストリーを今年も大いにアピールして歩いた。
 銀座の人たちに少しは目立ったかな?
f0089400_0484635.jpg
f0089400_049259.jpg

[PR]
# by ktkd-of | 2009-05-05 00:49 | 日々是@感動

代官山で桧原村とリンク

ここ数日「暖かい」を超えたような気温の日が続く。
梅の花の香りも時々。

昨日はバレンタインデー。
友人から誘われて出かけた代官山は、バレンタインだからなのか、土曜日はいつもこうなのか賑わっていた。

知人がやっているギャラリー「無垢里」で、昨夜は桧原村の食材で、檜原出身の料理人が精進料理をという催し。
設計工房をしている知人は、古い民家やまちなみを調査し記録に残し、昔の知恵を現代の住宅にも活かしたいと取り組んでいる人なので、ただ食すのではなく、桧原村に関心を持ってほしいという主旨でのもの。

やさしい味の料理の数々。
桧原村には大学時代の友人が教師をしていたことがあったので何回も出かけたが、こんなにおいしいものを食べた事はない。
「都内で唯一の地続きの村」と地元で頑張っている「モモハウス」の丸山さんは話していたが、自然の宝庫のような檜原と「金を出せば何でも買える」東京の中心地である代官山で出会えるのは、なんともうれしいことだ。

【関連リンク】
無垢里

[PR]
# by ktkd-of | 2009-02-15 16:52 | 自然エネルギー投資日記
f0089400_14312930.jpg

コルソウィーンの演奏で今年のコンサート始めだ。
華やかな会場で心もうきうき。
昨年からコルソウィーンを聞いているが、レベルが高いと思う。

今年は前から2列目の中央やや横。
目の前過ぎる気持ちもするが、音がとても良い。

今年はハイドン没後200年にちなんだ曲もいくつか入り、最後のおきまりラデツキー行進曲はなかった。
f0089400_14314726.jpg

[PR]
# by ktkd-of | 2009-01-12 14:17 | 日々是@感動

開放感・・・試験に合格

昨年11月に福祉住環境コーディネーター2級の試験を受けた。
今日が合格発表日。

自信は少々あったものの来てみなくては分からない試験結果。
年末くらいから思い出すと憂鬱な気持ちだった。

結果は、合格。
どんな試験でも嬉しさと開放感があるものだ。
特に腰が悪くすぐに疲れてしまう毎日だったので、試験日にはコルセットは外せていたものの試験勉強中はつらかったことを思い出す。

2級から実務ができる資格だ。
まだ経験が積み上げられている分野ではないので、経験交流を通じてよりよいコーディネートを返せるようにしてほしいと公式テキストに書いてあるのが印象的だった。

資格は取る事が目的ではない。
資格を社会にどう活かすのかが目的なのだ。
実務を通じて、周りのコーディネーターと経験交流を図っていきたいということが合格した今日の決意!

【関連リンク】
福祉住環境コーディネーター協会

[PR]
# by ktkd-of | 2009-01-09 23:38 | 日々是@感動
今朝の新聞の特集で、ドイツの風の村の記事を読んだ。
続き物なので途中なのだが、それで昨年書きたいと思いながらも書けなかった「備前みどりのエネルギーファンド」の第1回現金分配のことを思い出した。

2006年2月頃、20万円出資した。
途中経過ということで約2年後、色々なものを差し引いて23,924円が振り込まれた。

これをどう感じるか。
人それぞれだと私は思う。
10年間が出資期間だ。最終的にはどのような結果になるのか。

銀行に20万円預けたらどうなるか。
信託銀行の一番いい利率で1%にいくかどうかだった。
外貨預金では平均3%の利率だったが、ユーロががくんと落ちて、今はマイナス10万円以上の損失になっている。
もちろん株をうまく操作している人には、もっとハイリターンがあるよ、と言われそうだ。

しかし、私が期待したのは以前書いたように、持続可能なエネルギーをこの日本で根付かせたい気持ちと、銀行に預けることが間接的にアメリカの戦争に手を貸すことになるのが嫌だったことなのだ。

「備前グリーンエネルギーファンド」は初期の事業に加えて広がりを持って事業を進めているそうだ。実はよく3年やってきたなあと思っているのが、私の実感。
関係者の方々は大変だと言いながら頑張っているのだろう。
また、関係者が他の地域からきた人たちということも難しさの原因になっていると思う。

温暖化の影響が感じられると言いながら、私たちは化石燃料や原子力に頼り、直接的には罪悪感を感じられない。
それが現実だ。

理想を掲げて頑張っていくことが無駄のように感じられたら、全ては終わる。
理想を語ることが、今の厳しい状況ではもっとも大切なことではないか。

【関連リンク】
備前みどりのエネルギーファンド

[PR]
# by ktkd-of | 2009-01-04 14:08 | 自然エネルギー投資日記
お正月の決まりで多摩川のサイクリングに出かけた。
もちろん正月だけではなくて、たまには出かける場所だが、昨年は私の腰痛でしばらく来られなかった。

f0089400_1645157.jpg


多摩川サイクリングロードを西にしばらく走ると下水処理場がある。
f0089400_1661860.jpg


なぜかここに結構大きい鯉が集まっている。
栄養分がいいのか?
しかし、食べる気にはならないような臭いが処理場の水からは臭ってくる。
f0089400_1681085.jpg


時々雨水溝に掃除した水をバケツで流し込んでいる人、もっと考えてしまうのは飲食関係者が店で出た雑排水を流し込んでいる「現場」に遭遇してしまうことがある。
私はいけないものを見てしまった感じになるのだが、ご本人たちは何も考えていないのか平気だ。

雨水溝が下水処理場に直結している場合はいいとしても、それ以外は処理されずに川や海に流れてしまう。

処理してもこんなに臭うのに・・・

鯉には影響はないのか・・・正月から心配な気持ちにさせられた。
[PR]
# by ktkd-of | 2009-01-02 16:13 | 都市再考

09年元旦 寺社めぐり

ほぼ1年ご無沙汰しました。
腰椎ヘルニアが原因で腰痛、足痛、全身の疲れが襲ってきて、仕事もままならない状態が10月中頃まで続きました。

ヘルニアが治りコルセットをとっても、ガチガチになった身体は、歳のせいかすぐにはもどりませんね。

でも、新年です。
心機一転。周りのことにも関心が湧くようになってきました。
少しずつですが、情報発信です。

f0089400_1295456.jpg


元旦。晴天だ。身体ならしと郵便局本局への用事もあって自転車に乗ってでかけた。
深大寺もある古いまちだからか、私のまちには意外と寺社が多い。
七福神めぐりの寺社と言っても、割と静かな寺社が多かったはずなのだが・・・。

写真は布田駅近くの常性寺。
このほか祇園寺(いい名前だ)、国領神社、布田天神社、大正寺をまわった。
この1、2年で新しい建造物ができているのに驚いた。

祇園寺は畑の中のお寺さんで、いつも誰にも会わないのが不思議な感じがしたものだが、今日は新しい門柱作成中、新しいお堂完成直後、訪れた人何人かに会う。寺近くまで住宅地になっていた。

常性寺は以前から駅近くなのでこの雰囲気になっていたが、裏には鉄筋コンクリートの講堂あるいは葬儀会場のようなものが建てられていた。

もっと驚いたのは、布田天神社の賑わいと対照的だった落ち着いた雰囲気の大正寺の寺門が、2階建てで装飾華美な大きな建造物に変わっていたことだ。
これにはがっかりした。
近いので何度も訪れたが、門の前を通るだけで木々の多さもあいまって心が落ち着いたものだったが。

宗教法人はやる気にさえなれば、こういう大胆なお金の使い方ができる組織なのだと妙に感心し、さすがに今日は足を踏み入れず帰ってきた。
[PR]
# by ktkd-of | 2009-01-02 01:56 | 都市再考